葬儀とお墓は故人のため~ハカナイ葬儀とは言わせない~

事情や手間を知る

手を合わせる男性

引越しの際にキレイにしてもらう

昨今の住宅事情や人口の流動によって、遠く離れた故郷のお墓をまつり続けるのが難しいと言う人が増えています。お墓を守りたい、いつもお参りしたいという人にとっては切実な悩みであり、「できるならお墓が近くにあれば」と思うことでしょう。そんな人は、お墓のお引越しを考えてみてはいかがでしょうか。 とは言うものの、引越しはそう簡単なものではなく、お世話になっているお寺にも話を通さなくてはなりませんし、法律上の問題もあります。そういったさまざまな煩雑な作業・手続きを経て、ようやく引越しは完了します。 最近ではお墓を引越しする際に、ついでに墓石を磨いたり、墨入れをしたり、はたまた墓石そのものを新しくする人も多いようです。

手続きは結構手間がかかる

お墓を引っ越すことを改葬といいますが、まずは新しくお墓を作る霊園・墓地などを確保することから始めなくてはなりません。受入証明書等、手続きに必要なものもありますので、詳しいことは依頼業者に聞くと丁寧に説明してくれます。 お墓の引越しは主に石材店に依頼することになりますが、現在お世話になっている石材店か引越し先の石材店のどちらか、またはその二つともにお願いするパターンがあります。引越し元の区画は契約上更地にする必要がありますので、それは懇意にしている石材店に依頼すれば良いでしょう。 遺骨を抜く際には、お坊さんに来てもらって魂抜きをしてもらい、引越し先でも同様に開眼・納骨供養をしてもらうことになります。