葬儀とお墓は故人のため~ハカナイ葬儀とは言わせない~

今と昔の仏壇事情

菊の花

昔と比べた仏壇の変化

最近の仏壇事情について、昔と比べてその価値観やスタイルが変化してきました。葬儀の簡略化が増えていることに対して、仏壇にもその影響が及んでいます。 昔はどの家にも、仏壇が置ける仏間というのがありました。しかし、家の作りが洋式化するにつれて、仏間を設けない間取りが当たり前となりつつあります。そのため、そういった家に合わせた、コンパクトサイズの仏壇が流行っています。洋式にも違和感のないデザインで、その価格も安くなっています。 これらにかかる価格の相場はその作りにもよりますが、一般的に70万円〜100万円ほどです。しかしこのような仏壇は仏間に置けるタイプとなり、コンパクトサイズは10万円〜20万円ほどですみます。こういった価格の変化も、昔と比べて大きく変わってきたことの1つです。

これからの時代に合ったスタイル

こういった仏壇の変化には、その購入方法にも特徴的なサービスが表れてきました。仏壇を購入する際には専門店に出向きますが、今はネットのサイトを通して購入することもできるようになっています。こういった購入の仕方には、掲載されている写真やその情報を頼りに注文していくシステムです。また、このネットのサイトでは、価格も安い仏壇がたくさん販売されているのも特徴です。 今、終活が流行っていることから、生前に仏壇を購入する人が増えてきました。それに合わせて相談できるサービスも用意され、希望のスタイルを望む人が増えているのです。残された家族に迷惑をかけないためにも、価格を抑えていく傾向も目立っています。昔の典型的な価値観にとらわれないことが、今の仏壇に表れるようになってきたのです。 自分または家族と一緒に故人を偲ぶことができる空間として、これからの時代に合ったスタイルが求められています。