葬儀とお墓は故人のため~ハカナイ葬儀とは言わせない~

子孫のことを考えて

シニア夫婦の後ろ姿

子孫に手間をかけたくない方にぴったりの葬儀が選べます。

現代の少子高齢化問題で、冠婚葬祭の葬儀に関することもクローズアップされるようになっています。 最近、自分の亡くなった後の希望を文書で残す終活が盛んになっていますが、気を付けたいのが直葬を行った後に入る墓の問題です。直葬とは火葬だけを済ませてお墓に葬るシンプルな方法なのですが、葬儀を端折ったことで先祖代々のお墓を守る檀家との信頼関係を失くして墓に入れないことも起こりえます。お墓の問題に直面した場合には、最新式の納骨堂の申し込みをしておくと遺族にとっても安心です。 納骨堂とはお墓の代わりにお骨となった故人を祭る場所で、以前は寺院の片隅に合った共同墓地のような存在でしたが、今やお墓のように格式高く永代供養も可能となっています。

お骨も残る祭り方で遺族も親族も安心です。

墓を守る子どもがいない方、または子孫に負担をかけたくない方にとっては、納骨堂のように誰かが管理してくれるお墓の形態は非常に助かるサービスとなります。樹木葬や海洋散骨といったお骨がなくなってしまう葬り方とは違い、お墓のように納骨堂にお骨が残るため、遺族や親族にとっても抵抗なく受け入れられる葬儀の形態となっています。 納骨堂もロッカー式や仏壇式などに代わり、地下にある納骨場所からお参りするときに骨壺を出してくれる機械式が流行しています。故人のお墓を探して掃除をする手間もなく、専用のカードをかざすだけで故人の骨壺がいつでも取り出せてお参りができると好評です。運営する会社に生前申込みでき、自分の好みの納骨堂を選ぶことも可能です。