葬儀とお墓は故人のため~ハカナイ葬儀とは言わせない~

プランを知る

仏壇

家族葬とはどんな形式か

近年は価値観の多様化に伴ってライフスタイルも各人各様になってきていますが、人生の締めくくりすなわちお葬いに関する考え方も多様化してきています。そのため、葬儀の形式も従来にはなかったさまざまなスタイルが登場してきています。 そうしたものの1つに、家族葬があります。家族葬とはごく近親の者だけで行う葬儀のことで、外部からの弔問を受けないという点に特徴があります。といっても、これが家族葬だという厳密な形式があるわけではなく、近親者の範囲にもルールがあるわけではありません。おおむね「儀礼を排した小規模な葬儀」という程度の意味合いとなります。 近年では葬祭業者が一般葬とは区別するかたちで、家族葬の葬儀プランを提供しています。

どんな場合に向いているか

家族葬が選ばれる理由はさまざまです。故人の意向である場合もあれば、その家自体がもともと儀礼を嫌う家風である場合もあります。また、故人が非常に友人知己の少ない人であったため結果的に小規模になることもあれば、経済的な事情で大規模な葬儀が挙行できないといったケースもあります。 ただし理由はどうあれ、葬儀の規模を小さくすることはそれだけ参列者の気持ちを集中させることになります。一般葬のように次々と弔問客に対応したり僧侶をもてなしたりして忙しく立ち働く必要がなく、じっくりと在りし日の故人の思い出と向き合い、面影をしのぶことができます。 また、日程調整などについても参列者の合意を得るのが比較的容易なため、柔軟に日取りを組むことが可能になります。