葬儀とお墓は故人のため~ハカナイ葬儀とは言わせない~

小規模な葬儀

線香

安くなってきている葬儀

葬儀費用は首都圏を中心に昔よりも安くなってきています。それでも地方のほうに行くと今の時代でも豪華な葬儀をとり行っている地域が現存します。全国的な平均データで見入ると、通夜式から告別式までおよそ200万円近くかけるのが相場なようです。 しかし、直葬や火葬式など火葬場だけで済ませる葬儀もブームになっています。火葬式なら20万円でもできるので、全国平均の10分の一の出費で済ませられます。また、ファミリー葬という家族や身内だけで行う葬儀も人気です。ファミリー葬は基本プランだけ見れば40万円くらいでもできます。しかし、飲食代やお布施代なども含めると、結局60万円近くの出費になってしまうケースが多いようです。

オプション次第で費用が変わる

葬儀費用は見積もりをもらったら見積もりの中にどんな費用が含まれているのかをしっかりとチェックすることが大事です。基本的に含まれているのが、祭壇の料金、スタッフの料金、棺とドライアイス代です。セレモニーホールのレンタル料は含まれているケースと含まれていないケースがあります。含まれている場合はいいですが、別途オプションで選ぶ必要があると、レンタル料として20万円前後加算されます。 基本的な料金に含まれていないものは、自分達で支払う必要があります。通夜ぶるまいの席ではお寿司やオードブル、アルコールなどが必要です。また、告別式では精霊落としが必要になります。精霊落としはお弁当で松竹梅とランクがあり、松だと一人分5000円くらいします。